読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Play Forward

とあるwebディレクターの奮闘記。ITネタや日々の小ネタ、書評やライフハックなどを記事にしています。あなたのネットライフに小さな驚きを。

統計局の公式アプリ『アプリDe統計』がちょっとデータがほしい時にかなり便利そう

ビジネスパーソンが資料作りなどで客観性を高くするために必要になってくる統計情報ですが、なかなかデータを探すのは面倒なもの。そこで統計局がお手軽に統計情報が分かるアプリをリリースしたので少し使ってみたのですが、これがちょっとしたデータがほしい時にかなり便利な優良アプリでした。

◆ちょっとデータがほしい時にかなり便利な『アプリDe統計』

統計局の公認アプリというだけあって、統計局ホームページで探さなければゲットできないような統計情報がカンタンに分かります。

アプリを起動すると、地域ごとの統計情報、または日本にまつわる各種統計情報の2つを選択します。

f:id:eigopanda:20150209091733p:plain

◆エリア別に統計情報がゲットできる

地域ごとの情報では、都道府県別にそれぞれ統計情報を入手できます。スマホアプリなのでGPS機能で現在地の市区町村データも分かるのが便利なところです。

f:id:eigopanda:20150209091830p:plain

 

例えば、目黒区だとこんな統計情報になっているようです。企業活動数が2000ちょっとと、意外と少ないです。東京都内でも市区町村で比較してみると有益な発見があるかもしれません。

f:id:eigopanda:20150209091935p:plain

 

 

◆日本に関する基本的な統計情報も分かる

日本の面積や人口・男女比、世帯数など基本的な統計情報もまとめられています。マーケット調査などの基礎データとして地味に役立ちそうですね。

f:id:eigopanda:20150209092101p:plain

都道府県別の給料平均などというコアなデータもあります。やはり東京など都心になるほど高くなる傾向があるのがすぐ分かりますね。

f:id:eigopanda:20150209092329p:plain

 

 

統計局のホームページにはこれらの情報はもちろん掲載されていますが、いちいちサイトにアクセスして情報を探すのはかなり面倒です。カンタンなデータであればこのアプリ1つでしっかり調べられるので、ガッツリ調べたい時はホームページを使うなど使い分けをすると良いでしょう。

国が公認のこういった仕事に役立つアプリも、どんどん増えていってほしいですね!ぜひお試しください。