読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Play Forward

とあるwebディレクターの奮闘記。ITネタや日々の小ネタ、書評やライフハックなどを記事にしています。あなたのネットライフに小さな驚きを。

WiMAXを『とくとくBB』経由で契約したら詐欺まがい業者だった件

ここ最近、WiMAXへの批判が大きくなっていますね。かく言う私もWiMAXユーザーであり唐突な速度制限でとても不便な思いをしてました。

WiMAXからの対応はまぁここでは置いておくとして、WiMAXを契約したGMOの『とくとくBB』という業者がとても悪質で詐欺まがいの方法で集客をしていました。。。他に同様の被害者を出さないように、一連の流れをまとめてみました。

 

 

キャッシュバックがあると説明され契約する(2014年6月)

そもそもの事始めは、去年にイーモバイルから乗り換えでWiMAXを契約しようとしていた2014年のことでした。当時は速度制限なし!を謳っていたので他サービスに比べても非常に魅力的に見えました。

しかし、イーモバイルの途中解約金もあったのでどうしようか悩んでいたところ、『とくとくBB』経由で申し込むと3万近いキャッシュバックを受けられると説明を受けました。

そこでとくとくBBからWiMAX端末を契約して手に入れたのでしたが。。。

 

使って1年経たないとキャッシュバックが受けられない!?

使い始めてしばらくしてもキャッシュバックの案内が手紙でもメールでも一切来ないことを疑問に思い、メールで問い合わせてみることに。すると、このような返信が来ました。 

f:id:eigopanda:20150804162906p:plain

なんと、使って1年経過しないとキャッシュバックを受けられない…だと!?こんなこと一切説明うけてないんだけど。。。

現在のとくとくBBの説明ページのどこを見ても、1年経過しないとキャッシュバックが受け取れないなんて記載されていませんでした。

なんだよ不親切だな…まぁここまでは良かったんです。1年経過すればキャッシュバック受けられるならいいやと思っていたので特にこの時点で何かしようとは思わず、ただ待とうと思いました。

 

1年経過して突然、1ヶ月以内に手続きしないとキャッシュバックが受けられないと宣告される!(2015年7月)

ちょうど使い始めて1年ほど経過し、ふと「あの時のキャッシュバックどうなったかなー?」と思い、キャッシュバックを受けるための案内メールがないか確認してみました。

すると、メールは契約時に記載したメールアドレスではなく、とくとくBBが一方的に強制開設していたメールに来るようです。なんだよ、始めに言っといてよ…

パスワードが記載されている郵便物をやっとこさ見つけメールボックスを開くと、山盛りのGMO関連サービスの広告メールの中に下記のようなメールが来ていましたのを見つけました。。

f:id:eigopanda:20150804161433p:plain

 

...(゚Д゚)ハァ?

 

なにこれ、こんな条件知らないし、1ヶ月以内とかなに勝手に決めてんの?このメールが来ていたのが6月下旬でメールを見たのがちょうど1ヶ月過ぎたころで、キャッシュバックの手続きをすることができませんでした。

手続きするためのURLをクリックしても、こんな画面が表示されて一切取り付く島もなくなってしまっていました。

 

f:id:eigopanda:20150804161737p:plain

 

ふざけんな!と思いFAQを見てみましたが、やはりここでも1ヶ月以内に手続きをしなければいけない旨の記載はありませんでした。

唯一キャッシュバックに触れているのが1つだけありましたが、そこにも具体的な期日は方法については一切記載がありません。

f:id:eigopanda:20150804161916p:plain

 

いや、知らんがな。それよりも条件あるなら最初に言っとけや。こんなの、2年契約するのに「途中解約すると違約金あります」って説明受けないみたいなもんです。最初に知らせておいてくれればこっちが悪かったなとも思いますが、ただキャッシュバックを契約のエサにして悪質な誇大広告をするのはとても悪質です。

 

キャッシュバックを餌に説明しないで条件を付けるのは『不実告知』という違法行為

今回の流れをまとめると、下記の3つになります。

  • 契約時にキャッシュバックが受けられると説明を受けた
  • しかしキャッシュバックが利用して1年経過しないと受け取れないことも記載がない
  • そもそもキャッシュバックを受けるための条件があることは一切説明も記載もない

これは『不実告知』という立派な違法行為だと思います。

ふじつ‐こくち【不実告知】

事業者が消費者と契約を結ぶ際に、重要事項について客観的事実と異なる説明をすること。消費者契約法では、不実告知により消費者に誤認が生じた場合、消費者は当該契約を取り消すことができるとされる。「便利である」など主観に基づく表現は不実告知には当たらない。 

コトバンクより

 

つまり、キャッシュバックに条件あるなら契約時や申込みの時にしっかり説明しないとダメですよということです。とくとくBBは今現在もキャッシュバックの細かな条件は一切記載せず、契約のエサとして同じ謳い文句でPRをしています。

f:id:eigopanda:20150804163149p:plain

 

こんなことしててユーザーから文句出ないのか!?と思って調べてみたら、他にも似たような苦情やもっと悪質な対応もあったようです。

いやーこれはひどい!そこでとくとくBBのサポート窓口へ不実告知であること、対応を改善するようにメールをしたところ、下記のような返信がありました。

f:id:eigopanda:20150804163439p:plain

 

いやいや、1ヶ月の説明とか受けてねーし、そんな条件ならもっと分かりやすく書いておけや!つかそもそも契約時に書いておけよ!

というわけで、完全にキャッシュバックに対応する気はないようなので、消費者センターに報告しようと思います。しかしこれは本当に悪質だ…

WiMAXの電波問題もそうですが、販売代理店使うのはいいんですけどちゃんとサポートとか特典とかのサービスクオリティは管理してほしいですし、契約数ばっかり追ってるからこういった詐欺まがいのことまでする業者が出てくるのでしょう。

uqwimax.hatenablog.com

 

いやーWiMAXとその周辺の業者は本当にひどいですね!これじゃユーザーも怒るのも無理ありません。

本件についてもまた消費者センターからリアクションがあれば、追記したいと思います。最後まとめると、とくとくBBは完全な詐欺まがい業者だということでした。みなさんお気をつけて!!