読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Play Forward

とあるwebディレクターの奮闘記。ITネタや日々の小ネタ、書評やライフハックなどを記事にしています。あなたのネットライフに小さな驚きを。

自分が結果を出しやすい分野を見つけられる『ストレングス・ファインダー』で自分だけの強み(=才能)を知る方法

『ストレングスファインダー』を知っていますか?英語で書くと『Strength Finder(強みの発見)』とあるように、人間が持つ34の資質の中から自分が最も強みとして持っている上位5つの才能を知ることができるツールです。

 

  • アレンジ 
  • 運命思考 
  • 回復志向 
  • 学習欲 
  • 活発性 
  • 共感性 
  • 競争性
  • 規律性
  • 原点思考
  • 公平性
  • 個別化
  • コミュニケーション
  • 最上志向
  • 自我
  • 自己確信
  • 社交性
  • 収集心
  • 指令性
  • 慎重さ
  • 信念
  • 親密性
  • 成長促進
  • 責任感
  • 戦略性
  • 達成欲
  • 着想
  • 調和性
  • 適応性
  • 内省
  • 分析思考
  • 包含
  • ポジティブ
  • 未来志向
  • 目標志向

 

これら34種類の強みから上位5つを知ることで、自分だけの『強みの組み合わせ』を知ることができます。

 

 

◆ストレングスファインダーで自分の強みを知る方法

1.ストレングスファインダーの受験IDが付いている本を買う(新品である必要あり)

ストレングスファインダーを受けるためには、『さぁ才能に目覚めよう』という本を買う必要があります。本1冊につきストレングスファインダー受験のIDが1つ同封されているので、中古本を買ってしまうとすでにIDが使われていて受験できない、ということがありえます(私も中古で買ってしまって損をしましたw)アマゾンなどで買う際も、新品を買うようにしてください。

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

 

2.IDを入力してストレングスファインダーを受ける

本を購入したら、ストレングスファインダーの公式サイトからIDを入力して準備完了です。1時間ほどかかりますので、時間に余裕がある時を見つけて受験してください。

 

 3.自分の5つの強みを確認する

ストレングスファインダーを受け終わると、自分だけの上位5つの強みそれぞれの解説が表示されます。参考までに、私のストレングスファインダーの説明はこちらから見れます。

The Gallup Organizationが長年に渡って実施してきた調査によると、仕事を最も効果的に行うのは、自分の強みと行動を理解している人たちです。 このような人たちは、仕事や家庭生活で日々求められていることをやりこなす戦略的な能力に優れています。


自分にどのような知識やスキルがあるかを確かめることによって、基本的な能力はわかりますが、自分の本来の資質に気付き理解することによって、どのような行動を取ることで将来成功を収められられるかがわかります。
「自分だけの特長的な資質」のレポートは、あなたのStrengthsFinderの結果に基づき、上位5つの資質を強い順に並べたものです。 全34項目中、これらの資質があなたの強みの上位5つです。


「自分だけの特長的な資質」は、資質を最大限に活かし、将来の成功につなぐ手がかりとなります。 個々の資質に着目したり全体を概観することで、自分にどのような資質があるかをよく把握することができ、さらにそれらを強みとして成長させ、仕事やプライベートの両面で一貫してよい結果を得ることができます。 

 

f:id:eigopanda:20140526015042p:plain

これは 私の診断結果です。周りの友人からは「本当に当たってるね!」と良く言われますが、解説を読んでみるとなるほどそうかもな、と思える結果でした。自分の強みは当たり前にできすぎているから、自分では強みとすら認識していないことも多いんだとのことです。

 

本書によると、5つのうち1つが違うだけでも全く異なる分野で活躍する偉人がいるそうです。マザー・テレサキング牧師など様々な人が例になっているのでテストを受けた後は本を熟読して、自分だけの強みをどのようにしたら発揮できるか?を考えてみると良いでしょう。

人はつい自分の弱いところや苦手なものに注力してしまいがちですが、それよりも自分の強みにフォーカスをしていくことで自分が活き活きと活躍し、かつ大きな結果を残せるフィールドを探すことが重要だそうです。就活中の自己分析や転職など自分を深く見つめる機会を持っている人や、日々の仕事に悩んでいて更にステップアップをしたい人などはぜひ試してみてください。